〒252-0024 神奈川県座間市入谷4-2598

Tel.046-253-4333

スポーツ整形外科

スポーツによるけがはお任せください

スポーツで負ったけがの治療は、一般の整形外科における治療とは異なる側面があって、やや特殊ですので、スポーツ外傷・障害に関する知識と経験が豊富な整形外科医にお任せいただいたほうが安心です。
※当院には、スポーツトレーナーの経験がある理学療法士(PT)が在籍しております。

初期治療が大切です

当院では、スポーツ外傷・障害(下表参照)に対して、筋力強化、ストレッチング、運動動作指導などの適正な運動療法プログラムを組み、治療および再発予防にあたります。
また、治療においては、けがからの早期回復および今後の予防に重点を置き、重症度、年齢・性別、種目、その方のポジションなどの詳細な要素を十分に考慮いたします。
スポーツでけがをした際は特に「初期治療」が大切ですので、早めにご相談ください。

スポーツ外傷・障害

小児からお年寄りまで、整形外科領域のみならず、内科的疾患についても診療し、各種外傷にも対応いたします。また、女性医師ならではのきめの細かい診療を心掛けます。

主なスポーツ外傷/スポーツ中に生じた外力による組織の損傷

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 切り傷
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • 肉離れ

など

主なスポーツ障害/同じ動作の繰り返し(使い過ぎ)によって起こる障害

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • テニスレッグ
  • ゴルフ肘
  • ランナー膝
  • ジャンパー膝
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折

など

スポーツによるけがの予防法

運動前にウォーミングアップを行う

運動前にウォーミングアップをしっかりと行うことによって、関節や筋肉の柔軟性が高まり、けがをしにくくなります。きちんと準備体操から始め、柔軟性を高めるストレッチングも入念に行いましょう。

正しいフォームを身につける

間違ったフォームでスポーツを行うと、筋肉や骨に無理な力が加わって、けがをしやすくなります。正しいフォームを身につけ、体に無理を掛けないようにしましょう。

水分を補給する

スポーツをすると、体温を下げようとして汗をかくので、体内の水分が不足します。すると集中力が低下して、けがをしやすくなります。運動前・運動中には、水分を十分に補給しましょう。

オーバートレーニングに注意する

オーバートレーニング(運動の行い過ぎ)は、かえってトレーニング効果を下げるだけでなく、疲労骨折などの原因にもなります。運動の前後、あるいは運動中に苦痛を感じたり、体に力が入らなくなったような時には、運動強度を下げたり、休みを入れたりするようにしましょう。

運動後にクールダウンを行う

運動をした後は、必ず疲労が溜まっています。また、運動による負荷や衝撃も体の各部分に残っています。こうした疲労や負荷は、スポーツ障害の原因になります。そのため、クールダウンはスポーツ障害の予防に不可欠なのです。運動前のウォーミングアップと同様に、運動後のクールダウンも忘れずに行いましょう。