〒252-0024 神奈川県座間市入谷4-2598

Tel.046-253-4333

予防接種

当院の予防接種

当院では、主に大人向けにインフルエンザ、肺炎球菌、風疹、破傷風ワクチンの接種を、それぞれ行っております。
※これら以外の予防接種をご希望の方は、ご相談ください。

予防接種の目的

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を接種することによって免疫をつけ、特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽く済むように行われます。ほかに、感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的もあります。予防接種は「自分のため、そして周りのみんなのため」に受けるのです。

ワクチンの効果

ワクチンは、感染症の原因となる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりしてつくられます。これを注入することによって、体内に抗体(病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子)をつくらせ、当該感染症に罹りにくくし、また重症化を防ぎます。

当院で行っている予防接種

インフルエンザワクチン

インフルエンザの感染予防には、「マスクの着用」「手洗いの励行」「適度な湿度の保持」「十分な休養」「バランスのとれた栄養摂取」がポイントになります。そしてもう一つ、インフルエンザを予防する効果的な手段に、流行前のワクチン接種があります。
インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対抗するために、予防接種も毎年行う必要があります。
インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行することを考えると、毎年12月中旬頃までに接種すると良いでしょう。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は、がん、心臓病に続いて、日本人の死亡原因の第3位を占めています。高齢者や糖尿病などの基礎疾患を持っている方などは肺炎に罹りやすく、しかも治りにくく重症化しやすい傾向がありますので、特に注意を要します。
肺炎を予防するために出来ることの一つに、肺炎球菌ワクチンの接種があります。
肺炎の原因菌で最も多いとみられるのは、肺炎球菌です(成人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、また罹患した際にも重症化を防ぎます。
※接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。

風疹ワクチン

風疹は風疹ウイルスによって起こる全身疾患で、症状としては発熱と発疹、リンパ節の腫れなどが特徴的です。成人が罹ると、高い熱が続き、関節の痛みも生じ、一般に子どもより症状が強く出ます。なかでも問題になるのは、妊婦への感染です。妊娠初期に母体が風疹に感染すると、胎児にも感染が及び、生まれてきた赤ちゃんに、白内障、先天性心疾患、難聴、発達遅延などが現れる可能性があります(先天性風疹症候群)。ワクチン接種が1回(現在は2回接種が基本)または接種不明、未接種の方、特に妊娠可能な女性とそのパートナーには、妊娠前の接種をお勧めします。

破傷風ワクチン

土の中の破傷風菌が傷口から侵入して体内で増殖し、筋肉の痙攣などの神経症状を招く毒素を大量に出すために起こる感染症です。死亡率の高いことが知られています。
深い傷のみならず、土いじりなどの最中に生じた小さな傷からも破傷風菌は入り込むことがあります。
40歳以上では、年間100名以上が罹患していますが、これはかつて破傷風ワクチンを受けていなかったためです(破傷風ワクチンが法定接種で受けられるようになったのは1968年10月15日以降です)。
40歳以下の人では、その多くが子どもの頃に三種混合(DPT)ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風の3種類のワクチンが一緒になったワクチン)を受けていますが、抗体が少なくなっていますので「追加接種」をお勧めします。特に、職業や趣味などで土に触れる機会の多い方は、受けておいたほうが良いでしょう。